■鈴木愛 今季4勝目■

鈴木愛、強いね===!!

今季10試合出場で「4勝」3位以内にはなんと9回
強い!

強いの裏付けに類まれな練習量が生んだ伝家の宝刀
パッテイングと書いてある。

記事に書いてあった
—————————————————
「パッティングが入る秘訣は“良いスピード”と“打ちだしのライン”と“ボールの回転”の3つ。この全ての条件を満たして、ボールが一番入りやすい50cmオーバーの球を打てる。だから入るし、外してもタップインパーを獲れる圏内に収まる」

俺はビビってるもんなぁ~大きくオーバーしたらどうしようって
狙いたい向こうにタバコの箱を置いたら入るって聞いた事がある

「右手のグリップが上から持てています。多くの選手がフックグリップっぽくなってしまうところを、ちゃんとスクエアで、手の甲がフェースと並行になっている。手のひらが綺麗に合掌できている。これは意外とできそうでできないこと。手のひらがあちこち向いてるとストロークにも色々な癖が出てしまうが鈴木さんはそうならない。」

パットって繊細やねんなー

「鈴木さんはパッティング時にオーバースピンをかけて綺麗な転がりの球を打っていると思いますが、それなのにアッパーブローではないのが凄いところ。スピンをかけることでボールの回転軸が安定するわけですが、無理にかけようとすれば普通は本来捉えなきゃいけないところから打点がズレる。でも、鈴木さんはダウンブローでちゃんとボールを捉えられている。ショットと同じですね。パターにもロフト角はあるわけで、ダウンブローの方がスピンが入りやすい。また、スピンをかけるタイミングはボールにしっかりとヒットしてからで、決してインパクトと同時ではない。まさにヒットアンドリリースの動き。だから出球は強い球でスーッと転がっていくし、カップを過ぎればピタッと止まる」

ここまで来ると僕のレベルでは言ってる意味すらわからん
—————————————————

万年100ゴルファーの僕が見ていても安心感は半端ない

ゴルフは飛距離じゃない、作戦とアプローチ、パターと聞くけど
やはり、パターか。。。

飛ばしじゃないんやな・・

パターの練習か・・・
僕も商品でもらったパターマットは持っている。一様
けど、これ退屈やもんなー
たまには練習場も行く、行けば2時間位練習してるけど、パターの練習は
してないもんなー
その練習所にはパター練習場もあるけど。

パターの打ち方はYOUTUBEで見るぐらい、たまに

そら!上手くならんか

平均スコア、90は少し切りますねんって、言いたいけど

これに刺激されて俺も休憩の頭の転換として、練習しようっと

 

—————————————-
為替相場の注目材料
—————————————-

ドラギECB総裁の発言→過去発表時[ユーロドル][ユーロ円]が動いた