りんちきょうかい

隣地境界

測量図はあくまでも測量しましたよ、という意味です。境界杭が認定してなくても登記してあります。

境界杭確定には隣地の所有者立ち会いのもとにお互いが認定しサインをして、印鑑証明をつけて確認して登記します。

市役所の土木建築管理課に確定している境界杭の図面があります。どこに杭が入っているか、どのような杭が入っているかわかります。

契約条項に

(売買対象面積)

売買対象面積は、登記上の面積とし、実測面積と差異が生じたとしても、売主および買主は、異議を申し立てないものとする。

差異とは→こちらを参考にしてください

(境界の明示および実測図の作成)
売主は、買主に本物件引渡しのときまでに、現地において隣地との境界を明示する。

とあります。

何かの参考にしてください。