■チョコボールのエンゼルの当て方■

昔、昔とは、血糖値が高くなる前の事ですから、数年前まで

本当にチョコレートが大好きで、間食が大好きな僕は、チョコボールを
食べまくっていました。
高校生の時には連続8箱ぐらい食べてたことがあります。

チョコボールの中でも、昔からある、ピーナッツをむさぼり食べてました。

沢山食べていたので、

当然、銀のエンゼルは山ほど当たりました。
それでも、金のエンゼルは3回程でしたね。

会社に勤めていた時は、仲間の子供たちにも「おもちゃの缶詰」を沢山上げました。

沢山食べてたから、当たったと言うのもありますが

沢山食べてたからコツも知ってました。

まず基本は

くちばしも、一つの紙で作られている事
ですので、たぶん、違う機械で作っていると思っています。
ハズレと、銀のエンゼルと、金のエンゼルで

なので、沢山比べれば、多少の印刷のずれでわかります。

ハコでおいてあるスーパーで、恥かしさを捨ててジーっと見れば、確率50%で
今でも当てれる自信はあります。

くちばし

くちばしの部分に、奥に沈みこまないように、切り口があるのですが
その切り口のしたが、エンゼルの輪の頂点の部分

上から覗き込みって事です。

そうです、ずるです。

ピーナッツの包装は少し硬く、イチゴは少しやわらかく隙間が
でて、見やすかったです。

1ケースに何個入ってる?

大人買いが出来るよ様になった僕は、1ケース20個入りを買って
エンゼルが何個入ってるかを

結論で言えば、平均1個、たまに2個、たまにゼロって感じですね。

僕は、それで検証して買って確立を高めていました。

結論!恥かしさを捨てたら、今でも当てれる!

今、4歳の子がいるから、子供にカッコつけて行ってみようか?
って思う今日この頃です。

でも

でも

血糖値が高いからやめておきます。(笑)

—————————————-
淡路島ある!ある!
—————————————-

べんこ

べんこ、バーいうなぁ~

べんこ=講釈を言う