りんかとのすきま

隣家との隙間

住宅の新築をする際に、話題にあがることがあるのが、「境界線と外壁の距離を50cm以上としなければならない」の民法234条です

■ 第234条(境界線付近の建築の制限)

建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない。
2.前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることができる。ただし、建築に着手した時から一年を経過し、又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。


現実のことを考えてみると、街中を歩いて個々の住宅を見ればわかるように、民法が守られていない住宅が沢山あります
限られた敷地の中で、有効に建てようとすると守られていないのが現状です。

 

■ 第236条(境界線付近の建築に関する慣習)

前2条の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。


地域の慣習があれば、それが優先されるということですね。
ただ、ご近所付き合いも考える必要があるということですね、民法や慣習だけを持ち出して一方的な解釈で進めることはトラブルの素となります。
隣地へしっかり説明し、合意しておく事が大事と考えます。

一様、協定書のひな形を張っておきます。

0001

■ 第六十五条

(隣地境界線に接する外壁防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。


耐火構造とは、一般的に、主構造物が耐火ですので、一般的には、コンクリート造、鉄骨造などになりますので、一般的な木造は関係の
ないものになります。

耐火建築物であれば、こちらが優先はされるようですが。

参考にしてください。