■富島の漁師さんと沖へ■

写真でご覧ください。

朝の4時30分に出航

魚群にキングの魚が。。

日が昇ってきました、漁の開始です

いつ見ても、海から見る朝日はきれいです

網がよれているなぁーと思ったら、エイ。でかい!もちろん放流

タイの浮袋をつぶす。
浮袋をつぶさないと、いけすの中で浮いてしまって、死んでしまうから

でっかいハモもいました。

 

網にかかってますね、タイがでかい。

やはり、海での漁師は最高にカッコよい!
操船も、網も、仕分けも、その他も、全部ひとりでやるんですよ!

イカもでかくなった

サメもかかるんです

ウミヘビもかかるんです。
淡路では「ヨウジ」と呼ぶらしい。

フグもいるらしい。

大漁ですね。

漁が終われば、市場に行きます。
そこには家族が待っていて、水揚げを手伝ってくれます。

その雰囲気を見てたら、働く、家族の形がなんか感じます。

 

今回の漁は、播磨灘と淡路と行いました。
魚もたくさん豊富にいましたね、結果的にはまずまずだったようです。

お魚も沢山いただきました。
僕はさばけないので、漁師さんの奥さんにさばいてもらいました。

本当に、本当ありがとう!

タイ、切り身(焼き魚用)刺身
カワハギ、お鍋用
イカ、刺身用

食べきれませんでした。冷凍にしています。

最後に、大きなタイと、漁師さんの雄姿を。

頂いたカワハギこの新鮮さ、動いてます。。

 

—————————————-
淡路島ある!ある!
—————————————-

漁や釣りでは、ハサミが重宝される