■淡路市も農振地域で問題になっています■

多くの「田」の休耕田が問題になっています。

確かに農業のブームも静かに起きていますが、まだまだ、農作地が余っています。

先日も

近隣の方から、余っている田があるんだけど

太陽光に使える?多分、農振地域なんだけど、農転できるか?どうか
調べてくれない?って話でした

市役所に調べに行きました。
農振地域でした。

田で、太陽光できませんよね・・・もちろん
農転できませんよね。。できません。

ちなみに

淡路市のも沢山、休耕田があるじゃないですか?

現実期に利用方法ありますか?

農業として使って頂くしかありません、農業をしてもらう人に貸すとか?

現実的むりやん!!!!

行政ってほんと今の制度を伝えてくれたり、審査するだけで
考えてくれてないよな~
でも、当たり前か~~~何て考えてると

WEBを見てたら、こんな記事が
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
経済産業省は、太陽光発電の電力を家庭や事業者から電力会社が買い取る際
の価格を、2020年代半ばに現在の半分以下に下げる方針を示した。買い
取り価格は電気料金に転嫁されており、利用者の負担は減るが、太陽光発電
のさらなる普及にはブレーキとなる可能性もある。

12日の審議会で考え方を示した。18年度に1キロワット時あたり18円
の事業用(10キロワット以上2千キロワット未満)は22~24年度に
8・5円に、同26円の家庭用(10キロワット未満)は25~27年度に
11円にそれぞれ下げることを目指す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不動産事業者として、土地の使い方を提案しようと思います。

—————————————-
他の「新着情報はこちらです」

—————————————-

ストックホームページはこちら

 

—————————————-
淡路島ある!ある!
—————————————-

なんとかしなきゃ

—————————————-
私、本業、不動産事業者ですねん

下記にご登録を頂くと「不動産の最新情報を不定期ですがお送りさせて頂きます」
京都、近畿圏を主に、市場にサイトに出回る前の収益物件情報、計画段階の情報もお届けします。
*同業者の方の登録はご遠慮下さい
*物件情報によって、秘密保持契約(WEB)を頂く場合があります。



メール登録
お名前
メールアドレス