■今空いてる土地を、売りたくない時の一つの考え方■

代々持っている土地があるが、今は何も利用せずに持て余している又は、今は使っているが
将来的に子供が使う予定もないと、いう話を聞きます

いわゆる、終活も含めてですかね

土地は、なにもしなくても、毎年固定資産税も掛かってきますし、雑草の処理も、
今年みたいに災害の多いときは処理もしなくてはなりません

今は売りたくない、先祖代々からもらった土地を減らしたくないと考えるときは
一度借地を考えてみても良いかもしれません


太陽光設置の為に土地を貸し出すのも一つかもしれません

良い所は、初期投資なしで、賃貸収入を始められる事ですね。土地を活用しようとすると、
アパート・マンションや駐車場経営といった事を行うと、初期投資が必要になってきます

自己資金で用意するか、金融機関に申し込むかになり、少し手間がかかります

太陽光発電用に土地を貸すと、初期費用や、手間が大幅に省けます。そういった意味で
今回は太陽光発電用に土地を貸し出してみては?の提案です。

案外、早く借りては見つかると思います

太陽光発電用の土地需要は近年非常に高まっています、弊社にも土地探しのお問い合わせ
が多く寄せられております。

初期費用はかかりません

太陽光発電の設置費用、整地、造成費用は借主が負担します。
整地、草刈りも借主が負担します

20年間の契約が終了時も、借主が設備を撤去します。

契約時の内容によりますが、賃貸契約期間、基本的に20年間が満了すると発電設備は借り
手の責任にて撤去されます。

期間終了になっても改めて交渉により賃貸を続ける、設備を地主が譲り受ける、などの交渉が可能になります

賃貸収入モデル
土地を貸し出すといくらぐらいの利益になるのでしょうか?表にしてみました。

◎低圧50kWの太陽光発電所に適した土地はおよそ330坪(約一反)
◎賃料相場は1㎡あたり150円~500円程度

(年間賃貸収入)一反=月額/約1万円(固定資産税は交渉ですね)

(20年間賃貸収入)¥10,000×12か月×20年=240万円がひとつの相場です。

今後

売電の買取額が18円税別です、これが15円(税別)になりそうなので
今回、あわてて書いたのが現状です。

検討をされる方はぜひ早めにご検討ください。

—————————————-
他の「新着情報はこちらです」

—————————————-

ストックホームページはこちら

↓↓↓↓↓ もっと深い、情報はこちらをクリックしてください
不動産投資

—————————————-
淡路島ある!ある!
—————————————-

北淡地域は活発に動いている

—————————————-
私、本業、不動産事業者ですねん

下記にご登録を頂くと「不動産の最新情報を不定期ですがお送りさせて頂きます」
京都、近畿圏を主に、市場にサイトに出回る前の収益物件情報、計画段階の情報もお届けします。
*同業者の方の登録はご遠慮下さい
*物件情報によって、秘密保持契約(WEB)を頂く場合があります。



メール登録
お名前
メールアドレス