■不動産取得税■

税金は色々な要素が絡み合うので、お近くの税理士さんに相談してくださいね

収益不動産の取得に関する物を列記してみました

売買・贈与で不動産を取得したとき、また新築・増築したときに都道府県が
課税する地方税です。
不動産取得税の納税方法については、取得後6ヶ月~1年半くらいの間に各
都道府県から届く「納税通知書」を使用して金融機関で納付します。なお、
納期は各都道府県により異なります。

課税対象は売買・新築・増改築・贈与・等となります。
相続は非課税です

例:賃貸中古マンションを取得した場合の不動産取得税
土地の固定資産税評価額3,000万円、建物の固定資産税評価額1,000万円と仮定します。

建物の不動産取得税 1,000万円 × 3% = 30万円
新築なら、収益マンションも、セカンドハウスも(評価額-1200万)
土地の不動産取得税 3,000万円 × 1/2 × 3% = 45万円
新築なら不動産取得税 = (固定資産税評価額 × 1/2 × 3%) - 控除額(下記AかBの多い金額)
A = 45,000円、
B =(土地1㎡当たりの固定資産税評価額 × 1/2) × (課税床面積 × 2(200㎡限度)) × 3%

上記が一般的な計算になります、参考にしてみてください

↓↓↓↓↓ もっと深い、情報はこちらをクリックしてください
不動産投資の情報はこちら

 

—————————————-
私、本業、不動産事業者ですねん

下記にご登録を頂くと「不動産の最新情報を不定期ですがお送りさせて頂きます」
京都、近畿圏を主に、市場にサイトに出回る前の収益物件情報、計画段階の情報もお届けします。
*同業者の方の登録はご遠慮下さい
*物件情報によって、秘密保持契約(WEB)を頂く場合があります。



メール登録
お名前
メールアドレス