■違うんです■

セカンドハウスと保養所の違い

セカンドハウスとは
セカンドハウスは、遠距離通勤のため勤務先近くに平日に滞在する住まいや
週末を家族で過ごす郊外の住まいを指します

メリットとしてはセカンドハウスは居住用財産と認められる事があります
税制面にはこう書かれています。「週末に居住するため郊外などに取得するもの、
遠距離通勤者が平日に居住するために職場の近くに取得するもので、かつ毎月1日
以上居住の用に供するもの」として定義され、居住用財産として認められます。

居住用財産として認められれば、軽減措置が認められる場合があります。

*セカンドハウスは生活に必要な物として認識されているのです

別荘とは
非日常的な保養のための住宅を意味します。
長期休暇の際に滞在するもの

税制面では「毎月1日以上の居住の用に供する家屋以外のもので、専ら保養のために供するもの」と書かれています
*別荘は生活に関係ないものとして認識されているのです。

税制面での軽減措置はありません

調べておきました、参考にしてください

 

↓↓↓↓↓ もっと深い、情報はこちらをクリックしてください
不動産投資情報

 

 

—————————————-
私、本業、不動産事業者ですねん

下記にご登録を頂くと「不動産の最新情報を不定期ですがお送りさせて頂きます」
京都、近畿圏を主に、市場にサイトに出回る前の収益物件情報、計画段階の情報もお届けします。
*同業者の方の登録はご遠慮下さい
*物件情報によって、秘密保持契約(WEB)を頂く場合があります。



メール登録
お名前
メールアドレス