うれるぶっけん

売れる物件

不動産屋は物件命です。

売れる物件とは
条件が良くて、相場よりも価格が安かったら売れます、ほっといても、営業がいなくても、お客さんから「これ欲しい」って来てくれます、それどころか、何人もから買付けが入って、3人待ちなんて事に、なったりもします。
僕も経験で5番目まで購入希望者が入った物件がありました。

売りたい物件
様は営業マンの気持ちなんです。

不動産会社の物件情報集めは、レインズと言う所から、お客様からの売り希望、業者からの情報、競売などもありますが、この情報が大きいんですね。

営業マンも人間ですから、いろんな感性を持っています、一つの物件を見て、「これ良い!」って思う人も「これ・・・」って思う人も

例えば、前道が狭かったら、「幅が狭い!」と感じる人「ここは、地域の人しか通らないから、交通量が少ない」って感じる人の違いです。

あなたの物件を売る時には、営業マンに武器を持たせてあげてください。
整理、整頓をして綺麗に見せる
査定価格から、始めはこの価格で売る、この時期になれば、この価格に下げる
交渉が入れば、この価格までは下げれると幅を持たせる
仲良くなる
住んでる人しかわからない、町の情報、家の情報を教えてあげる

等です。やる気が変わります。

営業マンも、あなたと同じです、高く売りたいんです。

高く売ったほうが、手数料がたくさんもらえるんです、しかし、売れての話です、価格は当然気になりますが、営業マンと良く作戦会議をしてください