■仕事どうする?将来どうする?■

 

【住むところのこだわり】

私は不動産事業者ですが「住宅」への、こだわりはありません。
事業用の不動産は、大変興味ありますよ。
淡路島でももちろん実現したものもありますし、計画を
している物もありますし、コラボで計画をしている物もあります。

住宅に(住む)にあまりこだわりが無い理由は

小さいときの思い出
親とお墓参りに行くと、ボロボロになっているお墓を見ます?
親にも世間にも、「先祖は大事にしないとあかん!」と聞いてるのに
何で?と子供ながら思っていました。

この年になって特に感じるのですが、嫁、自分の子供、孫。。。
まではお墓参りに来てくれるかもしれませんが
ひ孫になると??と感じます。

ですので、言葉が乱暴ですが、親の都合で縛り付けてしまって
しまうのではないかと、思ってしまうから、こだわりがありません。

事業性はほしい
住宅ではなく、事業として運営をしていれば、誰かが後を継いで
経営してくれるかも知れない

何か楽しい物であれば、子供たちが遠くに行っても、旅行の
際に立ち寄ってくれるかも知れないと考えるからです。

子供の生活の足しになるかも知れないと感じます

【淡路島の家も「賃貸」です】
家に縛られるのもいやですし、今の家にとっても満足をしてます。

「自分が動きやすい環境でいたい」と言う思いが強いです。

「欲しい物は時間です」そりゃお金も欲しいですけど
やりたい事をやれる時間が欲しいです。

【なんで、淡路島?】

地図をじっと見て
交通アクセスを考えて、

嫁と話し合って決めました。

【終の住処(ついのすみか)】

淡路島に一生いるの?とか、何で淡路島?とか
淡路島から仕事って大変じゃない?(僕が京都、嫁は大阪)
子供は大丈夫?とか

の質問をされますが、私は???って実は思ってます。

ダメなら、引っ越しすれば良い、拠点を変えれば良いと
思っています。

【不動産投資の最大のメリットは】

インカムゲイン=収入
キャピタルゲイン=差益

を狙える、不動産投資、事業は本当に理に叶っていると
感じていますし、思っています。

やはり、最大のメリットは
自由な時間、自由な居所を得られる事
だと思っています。

【私のキャッチフレーズを少し前に考えました】

全国行脚をする不動産事業者、タカの目を持つ大倉康寿
・不動産業界の活性の一端を担い
・情報があれば、どこにでも見に行く
・売却の相談があればどこにでも見に行く
・行脚しながら、お客様に会いに行く
・情報処理を素早くできる、社内体制
・パソコンを「ワープロとして使うのではなく」「コンピュータとして利用する」

こんな事を考えています。

【これからの会社】

仕事は家族のいる、家族を優先出来る、在宅ワークで良いと感じています

会社は、社員と打ち合わせする場所
在宅ワークで煮詰まった時に息抜きに行く場所

そんな風になっていくと感じています。

先日、日経でこんな記事が出てました。

孫正義さんの息子さんの記事です
「オフィスと社員はいらない」

【先日テレビを見ていても】

乱暴ですが「お金持ちと貧乏」って番組がありました。

塾の講師のお話でした。

子供に明るい未来を掴めるように

子供に勉強を教えたい

夢を叶える手段の為の大学に行かせてあげたい

結果を出したい、出させてあげたい

ここまでは同じでした、ここからが違います。

見比べて、私は感じました
これから成功をするために、夢を叶える為に、必要なものは

「笑顔」と「システム」

と、本当に感じました。

【まとめ】

心配という言葉は「未来」を指しますが、未来は誰にも
わかりません、1時間後だってわかりません

根拠のない自信を持って、「今」「命の時間」を必死に楽しむ
しかないと感じています。

移住、不動産投資と少し話がそれてしまって、僕の思いを
お話をしてしまったと思います。

私が皆さんにお話したかった事は、不動産投資の最大のメリット
時間の自由と、場所の自由があるとお伝えしたいし

移住で言えば、住んでみてダメなら他に行けば良いと感じています。

—————————————-

他の「新着情報はこちらです」

—————————————-

ストックホームページはこちら

 

—————————————-
淡路島ある!ある!
—————————————-

近所の人が作った「きゅうり」を持ってきてくれた。

ついでに「クワガタ」も持ってきてくれた。

—————————————-
私、本業、不動産事業者ですねん

下記にご登録を頂くと「不動産の最新情報を不定期ですがお送りさせて頂きます」
京都、近畿圏を主に、市場にサイトに出回る前の収益物件情報、計画段階の情報もお届けします。
*同業者の方の登録はご遠慮下さい
*物件情報によって、秘密保持契約(WEB)を頂く場合があります。



メール登録
お名前
メールアドレス